採用について

100年続く店を作ること 代表取締役 大浜泰広

私たちは100年先を見据えながら、(じゃぁ今、何をするのか、どうするのか?)を常々自問自答しながらお店作りを行っています。ゴールに向けた近道も、正解も、誰も教えてはくれません。だから皆が勉強し、向上しなければなりません。
・・・時は流れ、100年後の話。
この100年続く店を作ってきたのはいったい誰か?」となった時、それが不勉強な怠け者の成果であるはずがありません。それを成すに相応しい実力を持った人間の仕業に違いない。しかもその人物は一人ではありえないのです。

そんな実力を持った人材が神田達磨から数多く育ってほしいと私は願っています。

食べ歩きという鯛焼き文化の継承は、実はとても難しいお題です。
世の中に立ち食いそば屋が出来た頃、人々は畳に正座してご飯を食べていました。だから「立ったまま食べる?行儀が悪い」と一蹴する人が多かったです。
学校では「買い食い禁止」で育った人も多いのではないでしょうか。

私たちが継承する鯛焼き文化(一番おいしい食べ方で食べる人が沢山いる状態)は「立ち食い」であり「買い食い」ですから、上の世代の方たちにはなんとなく抵抗があるかもしれません。しかし若い世代の人々で立ち食いそば屋に違和感を覚える人は少ないでしょう。新しい食文化が根付くには世代が変わる位の長い時間がかかるものです。

「それをやってやろう!」というのが神田達磨の挑戦です。
鯛焼きの哲学を守ること、それがより良い鯛焼き文化を育み、より多くのお客様を笑顔に出来るものと信じて。

採用詳細

現在募集中の求人情報は下記からご覧頂けます。

求人情報詳細へ  

ページトップへ